スマートフォンの耐久性・防水の進化について

アンドロイドスマホの耐久性

アンドロイドスマホとiPhoneの違いは、搭載されているOSにあります。iPhoneに搭載されているIOSは、iPhoneでしか使うことができませんが、アンドロイドはさまざまなメーカーのスマートフォンで広く利用されています。

日本のメーカーのスマートフォンも、例外なくこのアンドロイドOSを搭載しており、各社機種は違えど同じアプリを利用できるようになっています。

ただし機種の性能はそれぞれ特徴があり、たとえばソニーのXperiaなどは、カメラの性能の高さや音楽機能の充実などが宣伝文句にも使われています。

一般的に、iPhoneに比べて割れにくいと言われるアンドロイドスマホですが、その理由の一つには、代理店に修理を依頼できるという理由があるでしょう。代替機も用意してくれ、保険の適応もあるので、iPhoneよりは修理に出しやすいというメリットがあります。

最近では割れにくさをうたい文句とする富士通arrows NX F-01Kのような機種も販売されました。このarrows NX F-01Kは、1.5メートルからのコンクリートへの落下実験をクリアしています。1.5メートルは、人の身長の平均を想定したものであり、この実験からは、生活場面における衝撃に対して、arrows NX F-01Kが十分に耐えうるものであることを証明しています。